さいきんの山雨。散歩、読書、夜中の焼きうどん

   童子山公園、Doujiam

 読書ペースを上げようと思っています

 読書ペースが激落ち。
 作業所に行っていた頃から、ほとんど本を読まなくなって、作業所を辞めてから読書再開したけど、今のペースは一ヶ月に1冊も行ってない。
 さいきんは、アフィリエイトに力を入れたり、原稿だけは書くんだけど、拙著のためのブログ記事を書いたりなど、それにYouTubeなどで、本がほとんど読めていない。
 「これでは、アカンわ」と思い、とりあえず短時間で読める新書を一冊買いました。

人生を面白くする 本物の教養 (幻冬舎新書)

人生を面白くする 本物の教養 (幻冬舎新書)

  • 作者: 出口治明
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2015/10/23
  • メディア: Kindle版

 出口治明著、『人生を面白くする本物の教養』。
 今、これを読んでいます。
 文体が読みやすいです。
 教養=知識ではない、ということ。
 読了したら、また書評を書きますね。

 他は、石川英二さんの、『切ってはいけません』と、伊集院静さんの、『イザベルに薔薇を』を読んでいます。
 こちらも、読了したら書評を書きますね。

 ホントは、アフィリエイトとかYouTubeとかに邁進するより、毎日、本を読んで、最低でも一ヶ月に3記事ぐらい書評を挙げて、夜原稿を書く、ということだけしていたいのですが……。

 健康のため、散歩(ウォーキング)をしています

 心不全をやって、糖尿病なので、適度に運動しないといけないのです。
「車を手放したので、散歩するしかない状態に追い込んで、丁度いいでしょう」と、知人などには言われますが、実際は、車が有ったときのほうが、意識的にウォーキングしていました。
 ウォーキングの出発地点を決めて、そこまで、まず車で行って、40分ウォーキングしたら出発地点に戻ってきて、そこから車に乗って買い物や図書館に行けます。
 それに、車の運転って、気晴らしにもなるのですね。
 車が無かったら、出発地点は、いつも自宅です。ウォーキングのコースも、いつも同じ。まあ、たまには、片道40分のコンビニまで徒歩で行きますが……。これ、非常に、しんどいです。

 さいきんは、買い物は、片道100円の市内循環バスに乗っています。

 夜中の焼きうどん

   焼きうどん

 酒は、やめました。
「偉いですね」と、よく人に言われるのですが、やめたくてやめたわけではなく、あまりにも心臓の症状が苦しく酷かったので、「ひょっとして、もう死ぬんじゃないか」と自身で思ったから酒をやめたわけです。

 でも、自分の性格は、なかなか変わらないものです。
 原稿を書いたあとも、夜、眠るのが勿体ないのです。
 それで、YouTubeをみたり、Skype仲間と通話したり、併行して本を読んだりして遅くまで起きています。
 そのときに、酒を飲んでいるときと同じ状態の気分を味わいたいので、冷やした緑茶を飲みます。
 そして、酒のアテならぬ緑茶のアテが、焼きうどんなわけです。
 皆さん、不思議なものです。夜中に焼きうどんを食べるわりには、体重は増えていません。今では、増減は止まっていますが、酒をやめた日から4ヶ月ほどで、12.5キロ痩せました。

 ということで、近況でした。

*PR

コメント

  1. sakamono より:

    私も休日は散歩をしています。便宜上散歩と言っていますが、実は自転車に乗っての散歩です。散歩とは言わないか^^;。本当に歩いている山雨さんの方が健康によさそうですね。体重が減ったのも、散歩のおかげもあるかもしれないですね。夜中に焼うどんを食べても、太らないとは!

PVアクセスランキング にほんブログ村 新(朝日を忘れた小説家)山雨乃兎のブログ - にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました